システムのニーズがあるが予算が足りない…そんな方へおすすめします。システム開発エクスプレス

もう充分に調べ尽くされたのなら…お役に立てるかも知れません

当サイトをご訪問いただきありがとうございます。
さて自社のシステム開発について、次のように感じている方はいらっしゃいませんか?

・「いくつかのシステム会社に相談したが、どうも予算の折り合いがつかなくて…」
・「パッケージ製品は思っていたより高くつくし、ちょっと自社に合わないな〜」
・「自社にぴったり合うオーダメイトのシステムを導入したいけど、どう進めたらよいのか…」

ちなみに、予算に制限はあっても、やりたいことはいっぱいあることでしょう。
でも予算に合わせて、やりたいことを絞ったり、必要なことだけを選び出すのは、結構難しいものです。
一般的には予算よりも、実際にかかる費用がどんどん増えていくのが普通なのですから…。

そこで、もし「予算が ○○○万と決まっていたら、その中で最大限可能な事を実装する」
というシステム開発サービスがあるとすれば、いかがでしょう、ご興味ありませんか?

「なぜそんなことが可能なのか?」理由をひとつづつご説明します。


開発前に、業務仕分けをするからです

システムが得意とする業務と、人手によって廻したほうが良い業務を切り分けることで、システム化する部分を最小に抑えます
お客さんの希望をすべてシステムに載せることで費用がどんどん膨らむのと対極的です。

低コスト化の工夫を徹底的に図っているからです

サービスを売り込む営業マンがいないため、販売管理費がかかりません
なお商談の際にも、サービス説明やお見積もりなど、担当する技術者本人が行うという徹底を図っています。それ自体も当社と直接契約している技術者が担当するため、固定人件費やマージンなどシステム開発に関係ない間接費用がかからないのです。

最初から最後まで同一の担当者が窓口になるからです

全ての工程で同じ担当者が窓口になるため、コミュニケーションロスがありません。ハード屋さん、ソフト屋さん、ネット屋さん、ホームページ屋さん…など打ち合わせ相手が多すぎて訳が分からなくなったり、個々への発注により総額が増えるということがないのです。

実際に、これだけのことを実現するため「設計者がお客様と一緒になってシステムを創る」という姿勢で臨むことをお約束しています。

オススメできる理由とは?

実際にこんなことを良く聞かれます。

「予算ありき」と言っても、そもそも相場が分かりません。どうすれは良いでしょうか?

お話しをお伺いしたうえで、あなたの会社組織や課題に見合った適正予算の目安について、アドバイスいたします。
ただし投資意欲の大小や、財政事情など個々の事情がありますので、最終的にはあなたご自身の判断が必要なことは言うまでもありません。

私はシステム開発やシステムについて詳しくありませんが、大丈夫でしょうか?

実際のご依頼のうち過半数は、システムに詳しくない方からです。
次のようにワンストップでご対応しています。

システムの専門用語は使わず、分かりやすい言葉で分かりやすく説明します。
システムを使い始めることができるところまでお手伝いします。
サーバ機器の手配についてもアドバイスします。ITに詳しくなくても、いろいろと頭を悩ませずにすみます。
システムへの要望を伝えきれるか不安

システムへの要望が充分にまとまっていないと、システム会社の対応が良くなかったり、勝手に違うイメージのものに仕上げられて後戻りできなくなるという話しは良く聞きます。それを防ぐため、あなたに代わって図面作成を行うことが可能です。これによるメリットは以下のとおりです。

システムの仕上がりのイメージを持つことができます。
見積りが明瞭化します。予算調整のため過大な機能は削ることができます。
検討が足りない箇所が見えてきますので、事前に手を打つことができます。


それでは私たちが手がけたシステム開発実績を、ビフォーアフター形式でご覧ください。

実績紹介

会員管理システム(証券投資顧問業)

【概要】
会員の受講状況や入金管理、および連絡業務を効率化するシステムの構築。

【内容】
従来はEXCELで行っていた会員管理を、Webベースでの管理に移行し、リアルタイムに一元管理するというもの。さらにルール化できる業務を自動化し、スタッフが4人でも手が廻らない状況を改善し、顧客サービスの質を高める。

会員情報をデータベース化し、Web経由でスタッフ全員が情報共有を図る

顧客管理システム(オフィス機器販売業)

【概要】
顧客情報を一元管理し、販売業務および社内業務を効率化するシステムの構築。

【内容】
各部門ごとに管理していた顧客情報を統合する。これにより、全社の顧客情報や、損益データの把握をリアルタイム化する。また検索画面を最適化し、顧客からの照会業務のレスポンスアップを図る。

データを統合し、リアルタイムな情報共有を図る

相談回答コミュニティサイト(医療系NPO法人)

【概要】
相談回答コミュニティサイトの新設。

【内容】
メンタルケアビジネスにおける顧客サービスの一環として、相談回答コミュニティを新設。
コミュニィティで集客した会員向けに、自社商材を紹介することで、顧客獲得へつなげる狙い。

「情報の共有」から「気持ちの共有」がコンセプト

見積もり依頼・お問い合せはこちらから
お問い合せフォーム